防災推進委員会 home
防災推進委員会 mail

 

防災推進委員会が推奨する耐震診断とは

防災推進委員会の耐震診断及び解析は、国土交通省監修、(財)日本建築防災協会の『木造住宅の耐震診断と補強方法』のマニュアルに沿って行われます。

■現地調査

調査は当委員会会員の建築士事務所等に依頼、。現地調査に際しては建築士及び、日本建築防災協会主催の静岡県耐震診断補強相談士が行います。(有資格者以外の調査はありません。)

建物の外部及び内部の調査

※小屋裏・一階天井裏・床下の調査

【調査対象】

構造材(柱・梁・土台など)の接合部分

構造材の劣化状況(腐朽やシロアリ被害など)

筋交いの有無及び接合状況

使用されている金物の状態 etc

※屋根や外壁の劣化

※基礎のひび割れ・床下の湿気状態の調査

(正確な調査を記するため、室内及び外観の写真を撮影いたします。予めご了承ください。)

調査は2〜3名で約2時間かかります。

■診断解析

現地調査でのデータを基に、現在のお家の耐震性能を判定いたします。

※平面図及び構造図の作成

※壁量及び柱の引抜き計算

※地震力及び風圧力によるせん断力の算定

※コンピューターによる総合判断

■現状の耐震性の報告

※現況の建物の状況(平面図や写真)

※現在の基準法と照合した場合の耐震性

※壁バランス及び偏心の状況

※地震動による建物のねじれなど

※コンピューターによる総合判断の報告

現在の住宅の耐震性について簡易診断調査・解析・報告までを無料といたしております。(ただし原則として、委員会主催または共催・協賛のセミナー参加者のみ限定と致しております。)

注:なお補強等お考えの場合で、当委員会派遣の建築士事務所に補強設計をご依頼される場合は当委員会の規約に基づき、補強設計料を一律6万円でいたしております。

 

 

防災推進委員会とは防災推進委員会の活動防災推進委員会の講師陣震度階と地震の強さ耐震診断のすすめ

推奨する耐震診断家屋精密診断の流れ防災促進事業への参画奥付TOP

NPO法人 防災推進委員会 〒422-8033 静岡県静岡市駿河区登呂1丁目7−1 TEL0120-285-1600/FAX 0120-285-1545