防災推進委員会 home
防災推進委員会 mail

 (去)溝上 恵 先生 東京大学名誉教授

(元)地震防災対策強化地域判定会会長 東京都防災会議地震部会会長

地震災害のキーパーソンとしてマスコミに出演される機会も多く、耐震セミナーの講師としても多忙な時間を過ごされておりましたが、昨年末体調を害し、去る1月4日逝去

されました。防災推進委員会の活動にも大変ご助力くださりありがとうございました。心よりご冥福をお祈り申し上げます。

中浜慶和 先生 防災推進委員会理事

ダイキン工業(株)東京支社特別嘱託 NPO法人 防災推進委員会 名誉会長
NPO法人 AICA国際協力アカデミー副代表理事

阪神大震災被災者。それを契機に市民防災の研究と啓蒙活動を始める。 ジョン万次郎は曾祖父。著書に『震災自衛マニュアル(大村書店)』など。

宮沢健二 先生 建築構造学者

工学院大学工学部建築学科主任教授
日本建築学科会木質構造運営委員会委員 工学博士  一級建築士

阪神・淡路大震災では国土交通省震災調査委員会で、震災調査報告書多数。

またその後、実大振動実験を多数行い、研究報告やメディアに取り上げられている。第4回坪井賞受賞。 主な著書に『木質構造』、『阪神大震災にみる木造住宅の地震災害』(共著)

里村幹夫先生

静岡大学理学部地球科学科教授、静岡大学防災総合センター教授
京都大学理学部地球物理学科卒。

京都大学大学院理学研究科で、地殻変動に伴う重力の変化の研究を行った後、1979年から静岡大学助教授。1994年に静岡大学教授。理学博士。専門分野は測地学で、GPSデータをもとにした地殻変動、特に想定東海地震震源域周辺の地殻変動研究を行っている。 著書:『地震防災』(編・著、学術図書出版社)、『地球が丸いってほんとうですか』(分担執筆、朝日新聞社)

林 能成先生

静岡大学防災総合センター 准教授。

元JR東海職員、地震動早期検知警報システムに関係する業務に関与。2008年11月より、静岡大学防災総合センターに活動の場を移す。
2009年2月14日放送のTV番組「世界一受けたい授業」に出演し、地震防災、地震対策の話をして好評を得ている。

皆元初香 さん

神戸市灘区在住。
1995年の阪神淡路大震災被災者。
震災の語り部組織「市民の架け橋、神戸から全国へ」の語り部スタッフとして震災で得られた貴重な体験を全国各地で語り継ぐべく活動中。
現在、フリーライターとしてタウン誌や新聞、雑誌などに原稿を執筆。

 

小山真人先生

静岡大学教育学部教授  静岡大学防災総合センター副センター長

東京大学大学院理学系研究博士課程修了 東京大学理学博士(地質学)その後、静岡大学理学部助手・ヌーシャテル大学(スイス)客員研究員・静岡大学教育学部助教授を経て現在に至る。専門は(地質学・火山学・歴史地震学・地震:火山防災)富士山火山砂防計画検討委員・伊藤市史編集委員・伊豆東部火山群の火山防災対策検討会副会長 などの社会活動に努めている。

防災推進委員会とは防災推進委員会の活動防災推進委員会の講師陣震度階と地震の強さ耐震診断のすすめ

推奨する耐震診断家屋精密診断の流れ防災促進事業への参画奥付TOP

NPO法人 防災推進委員会 静岡県静岡市駿河区登呂1丁目7−1 TEL 0120-285-1600/FAX 0120-285-1545